自然治癒力

アレルギーの緩和が期待されるKW乳酸菌

アレルギー患者数は年々増加傾向にあり、花粉症やアトピー性皮膚炎、食物アレルギーや金属アレルギーなど、さまざまな種類のアレルギーが存在をしています。
日本人の約20%の人が花粉症にかかっていると言われていますし、アトピー性皮膚炎の患者数は、ここ10年間で約2倍に増加をしており、20歳以下の若い人にいたっては、10人に1人がアトピー性皮膚炎にかかっていると言われています。
しかし、これほど多くの人がアレルギーに悩まされているのにも関わらず、アレルギーの症状を根本的に治すことのできる治療薬はまだ存在をしていません。

例えば、アトピー性皮膚炎の治療に使われているステロイド剤も、一時的に症状を改善させる事はできても根本的な原因を治療することができないため、高い確率で再発をすると言われています。
さらに、ステロイド剤を長期的に使用することで、効果が薄れるうえに、副作用が起こる心配もあるのです。
そこで、多くの飲料メーカーがアレルギーの症状を改善させて、副作用の心配も少ない乳酸菌の研究を始め、キリンビールグループと小岩井乳業の共同研究によって発見をされたのが「KW乳酸菌」です。

アレルギー症状が現れている人の血液を調べてみると、lgE抗体という物質の濃度が高いことがわかっており、本来体内に侵入をした異物のみを攻撃するはずだったIgE抗体が、体に無害な物質にも異常な攻撃をおこなうことで、アレルギー症状が現れると考えられています。
lgE抗体は、Th1細胞とTh2細胞という2つの免疫細胞の指令によって活動をおこなっているのですが、何らかの外的要因によって、Th1細胞とTh2細胞のバランスが崩れることで、lgE抗体は本来体に無害である物質にも攻撃をはじめてしまうのです。

KW乳酸菌には、Th1細胞とTh2細胞のバランスを保って、lgE抗体の暴走を抑える働きがあることから、安全にアレルギー症状を改善させる有効な方法として注目をされています。
また、KW乳酸菌と同様の働きをおこなう乳酸菌は他にも発見をされており、カルピス社が発見をした「L92乳酸菌」や、伊藤園中央研究所で発見をした「フェカリス菌」などが有名です。
アレルギー症状の緩和が期待されるこれらの乳酸菌を使用した飲み物が、各飲料メーカーから販売をされていますので、アレルギー症状に悩まされている人は、一度試してみてはいかがでしょうか?

Copyright(C) 2013 体に必要不可欠な菌 All Rights Reserved.