自然治癒力

ビタミンまで生成する乳酸菌

乳酸菌が腸にとって良い働きをおこなうことは有名ですが、乳酸菌にビタミンを作り出す力があることを知っている人はほとんどいないのではないでしょうか?
乳酸菌は漬物などの発酵食品に多く含まれている細菌です。
乳酸菌の持つ力によって発酵をした漬物は、程良い酸味と深い旨みが引き出されますが、乳酸菌が漬物にもたらす効果はそればかりではなく、何もしていない野菜よりも乳酸菌の力によって発酵をした野菜の方がビタミンが増すということがわかっています。

さらに、乳酸菌には人間の腸の中でビタミンを作り出す働きがあることもわかっており、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンKなどの多くのビタミンを作り出すことができます。
ビタミンは人間の体にさまざまな効果を与えることがわかっていますが、その中でも、美容に関する効果が多く現れると言われており、ビタミンB1やビタミンB6は美しい肌と艶のある髪の毛を作り出し、ビタミンB12は貧血やめまいを防止して、ビタミンKには骨を丈夫にする働きがあります。
しかし、ビタミンは人体に欠かすことにできない成分であるにも関わらず、体内で作り出すことができません。

ですから、人間の体内でビタミンを作り出すことができて、さらに腸の働きを活発にさせる乳酸菌は、美容や健康の効果が期待できるとても貴重な存在なのです。
また、乳酸菌の働きをさらに活発にさせるために、摂取をしなければならないビタミンもあります。
それは、果物や野菜に多く含まれているビタミンCです。

ビタミンCには乳酸菌のエサとなって、乳酸菌の活動を活発にさせる働きがあります。
また、オリゴ糖にも、ビタミンCと同様に乳酸菌の活動を助ける働きがあると言われています。
つまり、乳酸菌による効果をより実感するためには、乳酸菌のみを摂取するのではなく、オリゴ糖やビタミンCのように乳酸菌の働きを助ける成分を同時に摂取する必要があるのです。
ただ、これらの成分が含まれた食材を自分で探して、摂取することを面倒に感じる人も多いですよね。
そのような人は、乳酸菌とオリゴ糖やビタミンCがバランス良く配合されているサプリメントを購入して飲むようにすると良いでしょう。

Copyright(C) 2013 体に必要不可欠な菌 All Rights Reserved.