自然治癒力

すぐき漬けに含まれているブレラ菌の凄い力

日本人は、古くから発酵食品に囲まれた健康に良い生活を続けてきたと言われています。
日本の代表的な発酵食品である漬物は、植物性乳酸菌と食物繊維を同時に摂取することができるため、乳酸菌が腸まで到達する可能性がとても高く、腸内環境を効率良く改善することができると考えられています。
中でも、近年注目を集めているのが京都の伝統的な漬物である「すぐき漬け」です。

すぐき漬けとは、柴漬けや千枚漬けと並んで京都の三代漬物のひとつとして知られています。
京野菜であるすぐきは、京都以外で一般的に目にすることが少ないため、馴染みのない野菜かもしれませんが、カブと同種類の肉厚な葉を持つ野菜になります。
そのすぐきを塩で漬け込んで、乳酸菌の力で発酵をさせた食品がすぐき漬けで、程よい酸味と深い味わいが特徴の漬物になります。

すぐき漬けが注目をされるようになったきっかけに、すぐき漬けの中から発見をされた「ラブレ菌」という乳酸菌の存在があります。
ラブレ菌は1993年に、京都市にあるルイ・バストゥール医学研究センターに在籍をしていた岸田博士によって発見をされた乳酸菌です。
岸田博士は「京都の男性は長寿全国第二位」という新聞記事を見て、世界の長寿国はヨーグルトなどの伝統的な発酵食品を食べていることに着目をして、京都の伝統的な発酵食品であるすぐき漬けを、手当り次第購入をして研究を続けました。

そして、培養をした乳酸菌の中に、他とは違う特徴のあるラブレ菌を発見したのです。
ラブレ菌には、他の乳酸菌と同様に、糖から乳酸を生成して悪玉菌の増殖を抑える働きがあり、植物性乳酸菌であるラブレ菌は、酸やアルカリ、塩分に強い特徴を持っているため、生きたまま腸に到達する可能性が高いと言われています。
さらに、ラブレ菌には、体内でのインターフェロンの生成を促進させる働きがあるため、ウイルスやがん細胞を攻撃するNK細胞の活動が活発になり、免疫力が上がることで、風邪などの病気にかかりづらくなる他、C型肝炎やウイルス性疾患、ガンなどの予防、改善に効果があることがわかってきたのです。
ラブレ菌には、このような独特の効果が期待できることから、近年、さまざまな製薬会社から注目を浴びている乳酸菌のひとつなのです。

Copyright(C) 2013 体に必要不可欠な菌 All Rights Reserved.