自然治癒力

どんな食品に乳酸菌が含まれているの?

乳酸菌が人間の腸の中で良い働きをおこなうことは、ヨーグルトや乳酸菌飲料などのCMを見て知っている人も多いですよね?
乳酸菌には、糖を分解して乳酸を生成する特徴があり、生成をされた乳酸が腸を酸性の環境にすることで、体に悪影響を及ぼす悪玉菌の増殖を抑えて、腸内環境を整える効果があると考えられています。
乳酸菌は、主に発酵食品を食べることで体内に摂り入れることができますが、先ほどもお話をしたように、CMなどの影響で、乳酸菌が含まれた食品と言えば、多くの人が、乳酸菌飲料や、ヨーグルトなどの乳製品を思い浮かべるのではないでしょうか。

乳酸菌が含まれている乳製品は、ヨーグルト意外にも、チーズやバターなどの身近な食品にも含まれており、このように乳製品に含まれている乳酸菌は動物性乳酸菌と呼ばれています。
動物性乳酸菌によって作られた食品は、古くからヨーロッパを中心として食べられており、現代の日本の家庭にも欠かすことのできない食品になっています。
しかし、動物性乳酸菌には、酸に弱く、他の微生物と共存ができないという特徴や、塩分や温度の変化に弱いという特徴があるため、腸に到達をする前に、胃酸や胆汁酸などによってほとんどが死滅をすると言われています。

それと比べて、植物に生息をしている植物性乳酸菌は、酸や塩分、温度の変化に強く、自然界に存在をするほとんどの植物に生息をすることができるため、さまざまな微生物と共存をすることが可能で、生命力が強く、生きたまま腸まで到達をする可能性が高いと言われています。
植物性乳酸菌を使用した食品はヨーグルトやチーズのようにひろく知られてはいませんが、意外にも古くから日本の食卓に上がっている食品に多く含まれているのです。
例えば、味噌汁に使用をする味噌や、日本食の味付けに欠かすことのできない醤油、ご飯のおかずとなる納豆や漬物にも植物性乳酸菌は含まれています。

また、甘酒や日本酒、近年話題となっている塩麹にも植物性乳酸菌が使われているのです。
また、植物性乳酸菌を使った海外の食品では、キムチやザーサイ、ワインやピクルス、サワークラウトなどがあります。
このように乳酸菌を使用した食品は、意外にも身近にたくさんあることがわかります。
特別な食品にのみ含まれているわけではないので、日常の食事に摂り入れることは、それほど難しいことではなさそうですね。

Copyright(C) 2013 体に必要不可欠な菌 All Rights Reserved.