自然治癒力

コレステロールを抑制するコッカス菌AD株

生活習慣の変化によって、日本人の多くが一生に一度、コレステロールがたまることが原因で起こる病気にかかると言われています。
コレステロールが血液中に蓄積をすると、動脈硬化を引き起こす原因となるため、症状が進行をすると、脳溢血や脳梗塞、心臓疾患や腎機能不全などの命にかかわる重篤は病気にかかる可能性があります。
しかし、コレステロールの蓄積は自覚症状がほとんどないため、気がついた時には、すでに病気が進行しているケースが多いと言われています。

コレステロール値を下げて未然に病気の発祥を防ぐためには、定期的に健康診断を受けて、食生活や生活習慣を改善させることが不可欠ですが、忙しく働く現代人は、そこまで体に気を配る余裕が無いのが現状ではないでしょうか?
そこで、手軽にコレステロールの蓄積を防ぐことができるとして注目をされているのが乳酸菌の一種である「コッカス菌AD株」です。
コッカス菌AD株とは、人間の腸の中に生息をしている腸内細菌の一種で、正式名称をエンテロコッカス・フェカリスAD101株と言います。

人間の腸の中に生息をしている細菌の種類は300以上あると言われており、コレステロール値を下げる菌やビタミンを生成する菌など、それぞれの種類によって異なった働きをおこなっています。
その中で、生活習慣病の原因ともなるコレステロール値を下げる働きをするエンテロコッカスに注目をした(株)アドバンスが、数年に渡って一株一株を調査して、よりコレステロール値を下げる効果のあるエンテロコッカスを探した結果、ようやく見つけ出したのがコッカス菌AD株なのです。
(株)アドバンスがおこなった動物実験によると、高コレステロール食のみを与えられたうさぎの肝臓や腎臓は、コレステロールがたまって白くなっており、動脈硬化の症状がみられましたが、高コレステロール食と同時にコッカスAD株を与えられたうさぎには、コレステロールの蓄積がみられず、動脈硬化も起こっていなかったという実験結果が出ています。

また、すでにコレステロールがたまっているうさぎの場合でも、コッカスAD株には、コレステロールを体外に排出する働きがあることがわかったのです。
体内に摂り入れた乳酸菌のほとんどは、胃酸や胆汁酸などで分解をされるうえに、腸に長く生息をすることができないと言われていますが、コッカスAD株は、人体にもともと生息をしている菌なので、体内に長くとどまって良い働きをおこなうことができると期待をされているのです。

Copyright(C) 2013 体に必要不可欠な菌 All Rights Reserved.