自然治癒力

効果を実感するための乳酸菌選び

乳酸菌を体内に摂り入れる方法には、漬物、チーズ、ヨーグルトなどの発酵食品から摂取をする方法と、サプリメントから摂取をする方法があります。
漬物やチーズのように乳酸菌が含まれている発酵食品は、数えきれないほど多く存在をしていますが、それぞれの発酵食品に含まれている効能を理解して食べることは難しいですよね。
乳酸菌商品を選ぶうえで、最も大切なことは、自分の目的に合った働きをおこなう乳酸菌商品を選ぶことだと言われています。

乳酸菌とひとことで言っても1000以上の種類があり、それぞれの種類によって異なる効能を持っています。
糖を分解して乳酸を作り出し、腸内環境を整えるという効果は統一されていても、コッカス菌のようにコレステロール値の上昇を抑える効果が強い乳酸菌もいれば、EF菌のように免疫力を高める効果が強い乳酸菌もいます
し、LG21のようにピロリ菌の働きを抑える効果が強い乳酸菌もいます。

どの乳酸菌を摂取しても、ある程度の効果は期待できるのですが、より高い効果を期待するのでしたら、自分の目的に対して最も効果を現すことのできる乳酸菌が含まれた商品を選ぶ必要があるのです。
例えば、ヨーグルトや乳酸菌飲料でしたら、商品のパッケージ自体に効能が書かれているケースが多いですから、目的に合った商品を選び出すことは、それほど難しいことではないかもしれません。
ただ、さらに効率を良く乳酸菌の効果を実感したい人には、サプリメントから乳酸菌を摂取する方法をお勧めします。

サプリメントから乳酸菌を摂取する場合は、乳酸菌の働きを手助けするオリゴ糖やビタミンCなどの成分が配合されている商品や、乳酸菌の数も1種類ではなく数種類含まれている商品を選んだ方が、相乗効果によって、乳酸菌が本来持っている効果が高まると言われています。
また、胃酸や胆汁酸などで分解をされことなく腸まで到達をすることのできる乳酸菌商品を選ぶことも重要ですし、乳酸菌の効果には即効性がないため、継続的に摂取を続けることができるように、無理のない価格で購入をすることのできる商品を選ぶことも重要になるのです。

Copyright(C) 2013 体に必要不可欠な菌 All Rights Reserved.