自然治癒力

大腸菌の増殖を防ぐビフィズス菌

ビフィズス菌は善玉菌の代表格として知られており、糖を分解して、酢酸、乳酸、ビタミンB群、葉酸などを作り出し、腸の中を酸性に保つことで悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。
一方、大腸菌は悪玉菌の代表格として知られており、腸内の残りカスを腐敗させて、発がん物質をはじめとする有害物質を作り出します。
作り出された有害物質が血液の流れに乗って全身に運ばれることで、さまざまな病気の症状が現れると考えられています。

ビフィズス菌には、大腸菌自体の増殖を防ぐ働きもあるため、健康な体を維持するためにビフィズス菌は重要な働きをおこなっているのです。
ビフィズス菌による効果が一番わかりやすい例が赤ちゃんです。
人間は、腸内細菌が存在をしていない無菌状態で生まれてきますが、母乳を飲むことで徐々に腸内細菌が住み着くようになります。

母乳のみで育てられている赤ちゃんの腸内細菌は99%がビフィズス菌で占めているのですが、離乳食を始めるにつれて、大腸菌の割合が増えていきます。
また、母乳ではなく粉ミルクによって育てられている赤ちゃんの腸の中には大腸菌が多く存在をしていることもわかっています。
腸の中に悪玉菌の数が増えているかは、便の色を見ることで判断することができると言われており、善玉菌が多い便は、黄色に近い色をしていますが、悪玉菌が多く腐敗している便は黒色に近い色をしています。

赤ちゃんの便の色を見ると、限りなく黄色に近い色をしているので、善玉菌が多く生息をしていることは一目瞭然なのです。
最近では、ビフィズス菌の増殖を助ける働きをおこなう成分を配合した粉ミルクも販売されていますが、昔から、母乳で育てられている赤ちゃんは免疫力が強く病気にかかりづらいと言われてきた理由には、ビフィズス菌の力が関係をしていると考えられるのです。
また、マウスによる動物実験で、病原性大腸菌O157を投与したマウスは32日後にすべて死亡をしたことに対して、予め、ビフィズス菌を体内に定着させておいたマウスに病原性大腸菌O157を投与した場合には、O157の感染を防いで、32日の間に1匹も死亡しなかったという実験結果も出ているのです。

Copyright(C) 2013 体に必要不可欠な菌 All Rights Reserved.